Menu

トップページ

Home

「相続」について、ご相談を受けました

「相続」「相続人調査」「遺産分割協議書」について
ご相談を受けました。

「相続人調査」とは亡くなられた方の相続人が誰になるのかを 亡くなられた方の死亡から出生までの戸籍を集めて調査する事です。
死亡の戸籍から出生の戸籍まで遡って集める事になりますが、 転勤や引っ越しなどで本籍地が多く変わっている場合など、集めるのに 時間が掛かってしまう場合があります。
また、現状の戸籍以外に、除籍や原戸籍があり、一つ一つの戸籍を読み解いていく必要があります。
除籍とは・・・その戸籍に記載されている人が誰もいなくなった状態の戸籍
原戸籍とは・・・戸籍の形式が法律の改正により変更になり、閉鎖された古い形式の戸籍


「遺産分割協議書」は色々な手続き時に必要になる書類です。
亡くなられた方の銀行口座の名義変更であったり、亡くなられた方名義の不動産の名義変更などです。
「遺産分割協議書」には特定の書式や記載のルールがある訳ではありませんが、後日のトラブルを避ける為にも、明確・正確に記載した方が良いでしょう。
例えば、不動産の場合は不動産登記事項証明書に記載されている内容通りに記載する事や、銀行口座であれば、銀行名・支店名・口座の種類・口座番号を記載するなどです。